高校2年 オーストラリア修学旅行 報告

平成29年9月7日(木)~9月14日(木)の日程で、オーストラリア、シドニーへ修学旅行を行いました。
高校2年生58名の参加で、怪我・事故なく無事に行程を終える事が出来ました。

今回の修学旅行は、ホームステイや現地女子高校との交流など多くのコミュニケーションの場を通して
国際的な視野を持つ事と共に、他者理解の大切さを感じる機会となりました。一人でのホームステイなど
大きな「チャレンジ」を成し遂げた事は、成功や失敗も含め、これからの人生の大きな財産となる事と思います。

目 的

①オーストラリアという国を通して、国際的な視野を持つことの意義とコミュニケーションを
とることの大切さを知る。
②オーストラリアの人々と共に生活する事で、家族や家庭についてのあり方を考察する。
③団体生活の中で協調性を養うとともに自己管理を学ぶ。

 

ホームステイ

ホームステイは一人一家庭3泊4日の日程で実施しました。日ごろ学んでいる英会話を実践する場であると同時
に、一人で現地のファミリーと生活することより、家族の価値観や在り方の違いを通して、自分自身について改め
て見つめ直す機会となりました。

1  2

シドニー市内観光

シドニー到着初日は、オペラハウス、ハーバーブリッジ、ロックス地区など市内の主な観光地と歴史的建造物
について見学をしました。オーストラリアという国について実際に自分の足で歩き、目で見て理解を深めました。

3  4

現地での夕食の様子

ホースステイ終了後は、全員ホテルステイの修学旅行形式の行程となります。夕食は近隣のダーリング
ハーバーに徒歩で移動し、フィッシュアンドチップスやオージービーフのステーキなど現地ならではの
料理を堪能しました。会場は夜景が綺麗なことで知られるスポットでした。

5  6

市内近郊の見学

ボンダイビーチは、国内屈指の人気を誇るビーチで、サーフィンの聖地として知られています。
白い砂浜と青い海はオーストラリアの自然を象徴する景勝地の一つです。

7  8

タロンガ動物園は、オーストラリア固有種を多く飼育しています。各ブロックに分かれたエリアでは、
エミューやワラビーなどが檻に囲われず生活しているため、身近に観察する事ができました。また、
湾内を見渡せるロケーションも魅力の一つです。ホームステイ後の緊張をほぐす機会となりました。

90    91

各グループによるシドニー自主研修

午前8時にホテルを出発し、午後4時30分まで事前に各グループが決めた探究テーマを調査する目的で、
市内研修を実施しました。市内の電車やバスも活用し広範囲に活動の場を広げました。市内の美術館や
博物館、大聖堂などの見学し文化について学ぶとともに、ピットストリートやQVBなど多くの商業施設
やマーケットを巡り、現地の生活やトレンドに触れました。

95  96

ストラスフィールド・ガールズハイスクール訪問

修学旅行では、お互いに学校訪問し交流を深めています。文化交流会で本校は、スライドを使った学校生活
の紹介と合唱(日本語と英語によるもの)、現地校では打楽器の演奏やダンスなどを披露して頂きました。
一人につき一名のバディと共に、校内ツアーと授業体験をさせて頂きました。日本語を専攻している生徒
さんも多く、互いに慣れない日本語と英語でコミュニケーションをとる場面は微笑ましいものです。
多くのコミュニケーションの機会と歓迎の気持ちで私たちの訪問を受け入れてくれたストラスフィールド・
ガールズハイスクールに改めて深く感謝申し上げます。

75  76

77  78

文化祭では、この修学旅行の報告を兼ねて、4F高2-1教室にてオーストラリア修学旅行の展示と
探究発表を行います。探究発表では、一人一人が今回体験したホームステイを通して家族の在り方を
考えたり自分自身を見つめたりした事をもとに、これからの「自分の在り方」について発表します。
両日とも①10:30~②11:30~③12:30~④13:30~⑤14:30~の5回に分けて発表しますので
どうぞ聞きにいらしてください。

春先ですが、多くの生徒が裸足で海水に触れていました。