春季伝統行事「針・文房具供養」「上巳の節句」

平成30年2月28日(水)12時55分~13時25分に体育館で全校生徒対象に春季伝統行事を
行いました。中学3年生の司会から「針・文房具供養」「上巳の節句」の意義が説明され、
生徒会・各クラスの修養委員が代表として祭壇に置かれているお豆腐に針を刺し、文房具も備え、
供養しました。ものを大切にすることを考える機会として「エコ川柳コンクール」を企画し、
全校生徒から選ばれた優秀作品の8名の表彰と作品の発表を各自にしていただきました。「
吉徳ひな祭り俳句賞」では2人の生徒が入選し、一般の部三席に入選した高1の生徒には賞状の他、
立派な市松人形を、ジュニアの部二席に入選した中1の生徒にはオリジナルキャラクター雛をいただきました。

翌日の3月1日の放課後には隅田川のウォーターフロントにて流しびなを行い、各クラスがエコペーパー
水溶紙で作った舟に願い事を添え、きらきら光る川面に流しました。

 

1  2

3